赤ニキビ まとめ

MENU

赤ニキビについて私の経験をまとめてみました!まずは原因を知ること

そもそもニキビは、その段階によって症状と呼び名が異なります。
その中のひとつが「赤ニキビ」と呼ばれるものです。
その他「白ニキビ」「黒ニキビ」「黄色ニキビ」の段階に分けることができます。

 

症状が異なるので、当然各段階によって、対処策も違ってきます。
白ニキビに効く対策が、赤ニキビにも同様に効くとは限りません。
逆に赤ニキビには効く対処策でも、白ニキビはかえって悪化させてしまう場合もあります。

 

ニキビにお悩みの方は、今できているニキビがどの段階で、
どんな対処が適切か、よく判断することが大切です。

 

各段階の症状って?

 

白ニキビ
ニキビの最も初期の段階が、白ニキビと呼ばれる状態です。
過剰分泌した皮脂と古い角質が外に排出されず
毛穴が詰まり、固くなっていきます。

 

この、「コメド」と呼ばれる固まりをエサに、
アクネ菌が繁殖しはじめます。

 

黒ニキビ
白ニキビの状態とは逆に、毛穴が開き、幹部の皮脂や角質が空気に触れ
酸化して黒くなった状態を指します。白ニキビが悪化したものと言えます。

 

赤ニキビ
コメドがたまったまま、アクネ菌が繁殖することで、
毛穴とその周辺が赤く炎症した状態です。

 

アクネ菌が皮脂を分解する時に作られる脂肪酸によって、
炎症が起こり、痛みやかゆみが生じます。

 

黄色ニキビ
赤ニキビの炎症がさらに悪化し、化膿して膿が溜まった状態。
黄色く膨れ、痛みやかゆみを伴います。長引くと真皮まで傷つき、
皮膚が破壊され陥没したり、跡に残ってしまう場合があります。
赤ニキビ同様、早めの治療が必要です。

 

これらの中で赤ニキビの原因になる、アクネ菌って何?

 

アクネ菌とは、元々どんな人の皮膚にも存在する常在菌のひとつです。
アクネ菌には、私たちの肌を弱酸性に保ち、病原菌やウィルスから守ってくれる働きがあります。
ですから、アクネ菌がいるからといって、ニキビができる、ということではありません。

 

思春期に入ると、男女関係なく男性ホルモンが活発化し、皮脂の分泌量が増えるため、
皮脂の除去が追いつかず、毛穴が詰まりやすくなります。アクネ菌は、酸素を嫌い、
皮脂を好む性質があるため、空気の届きにくい脂腺の奥に生息しています。

 

顔だけではなく、皮脂の分泌量の多い胸や背中などにも多く存在しています。
皮脂が詰まった毛穴にアクネ菌が増殖し、炎症を起こした状態が赤ニキビです。

 

もちろん、思春期ではなくても、ホルモンバランスの乱れや乾燥で
ニキビができることがあります。肌が乾燥すると、皮膚は皮脂を過剰分泌し
肌を雑菌や刺激から守ろうとします。

 

その状態が続くと、皮脂の分泌が増え、ニキビができやすくなるのです。

 

赤ニキビってうつるの?
赤ニキビは、人にうつることはないので、安心してください。というのも、
アクネ菌は酸素を嫌うので、毛穴から離れると働くことができません。
ですから空気感染はもちろん、触ったからといってうつるようなことはありません。

 

まとめ
乾燥や思春期の男性ホルモンの活発化により、皮脂が過剰分泌することでアクネ菌が増殖し、
その結果、痛みやかゆみを伴う赤ニキビとなってしまうことがわかりました。

 

赤ニキビになって炎症が長引くと、痕に残りやすく、
また繰り返しできやすくなってしまう為、早めの処置が大切です。

更新履歴